製本テープ
スポンサードリンク

製本テープ・25ミリ幅 (ニチバン)ソムソムズ店舗でも定番の品です企画書や契約書に。
スポンサードリンク

  コクヨ 製本テープ ペーパークロスタイプ50mm×10m白[T-450NW]

製本テープとは

製本テープは、製本する時に使われるテープですが、A4サイズやB5サイズなどの用紙を大型のホッチキスで止めたものを製本したりする時には、なかなか上手い具合に貼れずに、しわになったり、真っ直ぐ貼れなかったりと、イラついてきますが、上手い人は器用に貼れて羨ましいくなります。
製本テープ自体の用途は要するに見栄えの問題ですから、留めているホッチキスのピンを隠せるようにする事が重要になってきます。綴じ込んでいる紙の枚数が多くなれば、大型のホッチキスを使うことになり、それだけ製本テープを張る場合、凹凸が大きくなるので、綺麗に仕上げるには、凹凸の分だけ製本テープに余裕を持たせる必要があります。
製本テープをただ閉じこんだ紙の大きさと厚みだけで裁断しているのでは、上手く貼れないのは、ホッチキスなどのピンがはみ出した分を計算に入れていないからです。
ただその場合、零コンマ数ミリの誤差になりますから、かなり微妙な誤差になりますし、ホッチキスのピンが出っ張りはそのまま残るので、結局見栄えの点ではピッチリとした製本は無理と言えます。

製本テープ・25ミリ幅 (ニチバン)ソムソムズ店舗でも定番の品です企画書や契約書に。  製本テープA4カット業務用(黒)50枚

製本テープの貼り方

綺麗な形で製本をしたければ、製本テープの使い方を工夫する前に、用紙の止め方を何とか工夫する事を考えたほうが良いのかもしれません。製本自体の方法として、通常は糊を使う事が普通ですが、製本テープなどでも、そのような使い方の縦長に切ってある製品もありますが、それらの製本テープは主に補強用のもので、製本の場合に使われるものとは違います。
出来れば液体の糊や木工ボンドを使うのが仕上がりを綺麗にするには最適で、紙をそろえてシート状の製本テープを紙の大きさより1センチほど大きめに切っておき、製本テープを貼る位置を専用の平行線筋付け器で正確には測り、鉛筆で印をつけておき、製本テープをかぶせます。
その後再び平行線筋付け器を使って製本テープの粘着面に2本の折り目に筋をつけておき、木工ボンドなどを束ねた紙の折り目と背中部分の角に十分つけて、乾いたら製本テープを直角に折り曲げますが、このとき空気が入らないようにピッタリ貼るのがコツです。後は製本テープを裏表紙に貼り付けるために直角に曲げて完了です。
平行線筋付け器は大きな文具店であれば、扱っていると思いますので、購入しておくと何かと重宝します。このテクニックを覚えておけば、写真集や文集と言った趣味の本を作る時にも、表紙を凝れば見栄えのする製本が出来るので、応用範囲は広いと言えます。普段の仕事で使う場合ちょっと大変ですが、長期保存する書類などの場合には、最適です。

製本テープ